武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 其の七:苗木城

2016.07.12

石と石の造形美・苗木城

代々遠山氏が城主を務めた(森氏、川尻氏の時期もあり)、天然の要害。別名:霞ヶ城
壁を白く塗ってもすぐ嵐で壊れるため「龍が白色を嫌い剥がしに来る」と信じられ、
城の壁は赤土がむき出しだったことから、「赤壁城」とも呼ばれたという。

風吹門跡

別名:大手門。門跡の左側には大矢倉跡、右側には門番所があったそうです。
苗木遠山史料館には、城門が保存・展示されています。
苗木城跡_01 風吹門跡 01

大矢倉跡・駈門跡

風吹門跡を抜け、三の丸跡から見る大矢倉跡。苗木城の守りの要でした。
苗木城跡_02_1 大矢倉跡

風吹門跡の正面あたりに見える駈(かかり)門跡。虎口石垣が残っています。
苗木城跡_02_2 駈門跡

大門跡

三の丸と二の丸を隔てていた大門跡。左前方には、本丸跡への登城路。
自然の巨石と人工的に積み上げられた石垣の調和が素晴らしい!
苗木城跡_03 大門跡

石垣

二の丸から本丸への登城路にかけての石垣。大きさ・積み方が様々で面白いです。
はたして、どこからどこまでが人工的なものなのでしょうか。
苗木城跡_04 石垣 1

苗木城跡_04 石垣 2

綿蔵門跡・坂下門跡

綿蔵門跡。真綿が保存されていたことが名の由来だそうです。
苗木城跡_05_1 綿蔵門跡

こちらは、坂道の下にあったから坂下門。石垣を楽しみながらの折り返しが続きます。
苗木城跡_05_2 坂下門跡

本丸口・玄関

菱櫓門跡を通過すると、いよいよ本丸へ。こちらは、本丸口門跡と千石井戸。
苗木城跡_06_1 本丸口門跡

本丸玄関口からの眺め。上から見下ろす大矢倉跡がいいですねぇ。
苗木城跡_06_2 本丸玄関からの眺め

苗木城天守建物

天守台跡。二つの巨石上にまたがり、天守が立っていたというから驚きです。
苗木城跡_07_1 本丸跡

天守台跡展望台からの眺め。眼下に流れる木曽川には龍が住むと信じられていたそうです。
苗木城跡_07_2 本丸跡からの眺め

馬洗岩

馬洗岩。城内の水不足を悟られぬよう、この岩上で馬を米で洗い
さも水が豊富にあるよう装い、敵を欺いたという言い伝えがあります。
苗木城跡_08_1 馬洗岩

巨石の上に石垣を積んであるのを見て、従来の「石垣」という定義を覆されました。
写真では伝わりにくいので、是非生で見てその迫力を体感していただきたいと思います。

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

苗木城へのアクセス

☆ 公共交通機関で行く
JR中津川駅前より北恵那交通バス苗木・付知方面へ約10分。
「苗木」バス停下車後、徒歩約20分。

☆ 車で行く
中央自動車道「中津川IC」から北方向へ約10分。苗木遠山史料館に駐車場あり。

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

岐阜県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ