武将愛 SAMURAI HEART

Loading

土塁跡から戦う城であったことがわかる。三河一向一揆の拠点だった「安祥城」

2017.08.09

三河地方のお城といえば、徳川家康が生まれた場所として有名な岡崎城を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そのお隣安城市にも、戦国時代激しい戦いを繰り広げる舞台となった「安祥城跡」があります。
場所は本證寺というお寺の一部にあり、模擬天守などはありませんが立派な土塁がまだ一部残っています。

実はこの場所は三河一向一揆の拠点となったお寺で、徳川家康が制圧に苦労した場所でもあります。
また三河と尾張の最前線のお城として、織田信長の兄が城代として入っていたこともあるのです。

今からは想像できないほど立派な城跡だった

本證寺は戦国時代の三河一向一揆の拠点として、非常に重要な場所でした。
ウィキペディアによると、以下のように書いてありました。

上宮寺、勝鬘寺と並んで三河触頭三ヶ寺として知られ、戦国時代には三河一向一揆の拠点となった。こうした経緯から、鼓楼や土塁を備え、水濠に囲まれた城郭寺院(城郭伽藍)となっている。

お寺でありながら、城でもあった「城郭寺院」と分類されているのですね。
実際に桶狭間の戦い以降、三河を制圧しようとしていた徳川家康は、三河一向一揆との戦いで大変な苦労をします。
その時の重要拠点がこの安祥城でした。

安城市のホームページによると、以下のような解説がなされています。

安城町に所在し、碧海台地東縁部の半島状にのびる台地上に位置しています。台地の南・東・西側は湿田となっていて、天然の要害となっていました。築城・廃絶時期は明らかではありませんが、戦国時代には松平氏の居城となり、城を巡って織田氏との間で数度の攻防が繰り広げられたことは有名です。
清康の代になって本拠地が岡崎に移され、江戸時代には畑となっていましたが、1792(寛政4)年に了雲院が移転してきて現在に至っています。1988(昭和63)年以来数度の調査が行われた結果、多くの地点で堀が確認され、一部の堀は堀の中を区切る畦状の遺構が検出されています。また、本丸に当たる現了雲院境内地の調査では、江戸時代の畑状遺構のさらに下層に戦国時代の遺構が残っており、現地表面から1m近く盛り土がれさていることが確認されました。

発掘調査の結果、多くの堀が確認されていて、堀の中を区切る畦状の遺構が出てきているとのこと。
読売新聞の天下人の城「足元揺るがす一向一揆と本証寺<家康編6>」では、

 安城市教委の発掘調査では、今は埋没しているが、深さが約6メートル(推定)もあるV字形の外堀跡なども見つかっている。これらは、三河一向一揆の際に寺が設けたものとされている。

と、書いてあります。
6メートルの外堀は相当な大きさですね。

三河一向一揆で徳川家康がいかに手を焼いたかが見えてくる情報です。

現在は一部にこのような土塁がありますが、かなり立派なものです。
拠点となる寺だけあって、臨戦態勢も相当なものだったのでしょうね。

徳川家康との人質交換事件の場所としても

徳川家康の三河一向一揆との戦いの前、織田信秀が三河進出を本格的に行っているときもこの安祥城が舞台となっています。
実はこの時、徳川家康は駿府の今川義元の人質として駿府に行く予定でしたが、途中で誘拐されてしまい織田家の人質となってしまいました。

勢いが止まらない織田信秀が三河進出の押さえとして嫡男・織田信広を置いている安祥城。
なんとか奪還しようと、太原雪斎率いる今川・松平連合軍2万の侵攻をしかけます。信広は耐え切れず、生け捕りにされてしまいます。
祖母後、信広と徳川家康との人質交換が成立することになりました。

この信広が負けたことで織田家は三河を撤退することになっていきます。
安祥城で織田家、松平家(徳川家康)が戦った歴史もあるのですね。

安祥城(本証寺城)へのアクセス

住所安城市野寺町野寺26他

<地下鉄>
・名鉄南安城駅から徒歩12分

<サイト>
安祥城址
本証寺境内

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

Loading

地域カテゴリ一覧

織田信長の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る