武将愛 SAMURAI HEART

3月24日から!名古屋城の大イベント「 名古屋城春まつり」

2018.03.23

名古屋城春祭りが今年も開催になります!
期間は3月24日から5月6日まで。

翌日の5月7日から、木造復元事業に伴う調査と工事のためから入場禁止(閉館)となるので、春祭り期間中にぜひ最後の鉄筋の名古屋城天守閣に行っておきたいですね。

ちなみに名古屋城は桜の名所でも知られ、園内には早咲きの品種から、遅咲きの品種まで長い期間桜を楽しめます。
期間中何度行っても楽しめると思います。

では気になるイベント内容をチェックしていきましょう!

重要文化財の公開は東南隅櫓、西北隅櫓、茶室の公開

お祭りの期間中は普段は公開していない東南隅櫓と西北隅櫓、茶室が公開になり誰でも見学可能となります。

東南隅櫓は表二之門のすぐ近くの櫓で、名古屋城のサイトから引用すると以下のように説明されています。

辰巳櫓ともいわれ、その規模、構造は西南隅櫓と同じですが「落狭間」の破風の形を異にしています。この櫓は創建当時の姿を伝えるもので、鬼瓦などに葵の紋が見られます。

公開期間は4月5日から8日までの3日間です。
短いのでお早めに!

また西北隅櫓は4月28日から5月6日まで公開です。
名古屋城のサイトから引用すると以下のように説明されています。


戌亥櫓とも清須櫓ともいわれ、他の建物の古材を転用して建築されています。外部北面、西面に千鳥破風が作られ、「落狭間」を備えています

この古材は清洲越しの時の古材も含まれているとのことで、数少ない清洲越しの足跡が感じられる場所。

5月3日から6日までは「茶室」が公開に。
こちらの庭石は刻印石が使われており、橘寺の礎石を手水鉢にしたものなど庭全体が貴重なものにあふれています。

茶室を使わないと見られない場所なので、公開している時はチャンスです。

また4月22日は「春姫道中Final」が開催され、名古屋城への豪華絢爛な輿入れが再現されますし、5月4日は火縄銃の実演があります。
戦いのなかった名古屋城で火縄銃とはちょっと不思議な感じがしますが、現代だからこそ見られる貴重なコラボレーション。

また4月8日までは名古屋城酒まつりが開催されるので、夜桜とお酒というコラボレーションも楽しめます。
そう思うと本当に豪華ですね。

桜と歴史とお酒やイベントを楽しみ、かつオープンしたばかりの金シャチ横丁にも立ち寄れば、1日中名古屋城を楽しめますよ。

名古屋城へのアクセス

公共交通機関をご利用の場合

<地下鉄>

名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分

鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

<市バス>

栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」

なごや観光ルートバス「メーグル」

基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分

<名鉄>

瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

車をご利用の場合

名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口から北へ5分

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ