武将愛 SAMURAI HEART

Loading

城を巡る 現存天守の巻:松江城(前編)

2018.10.09

現存天守とは

修復・改築・元の素材を用いての再建などを経て、
江戸時代からその姿を残している天守のこと。
日本全国で、該当するのは12城のみ。

山陰唯一の現存天守・「松江城」

別名:千鳥城。島根県松江市にある平山城。
日本三大湖城のひとつとも言われ、2015年に国宝に指定される。

三の丸跡から

現在は、島根県庁がある三の丸跡。その県庁付近からズームで撮影した天守と、
平成13年に復元された太鼓櫓・中櫓・南櫓の3棟。

大手門跡付近

「松江城」の正面入口。門跡の後ろには、枡形と呼ばれる空間が広がっています。
待機所の役目もあったことから、馬溜(うまだまり)とも呼ばれていたそうな。

尾張出身で、「松江城」の築城者・堀尾吉晴公の像。
69歳で没するまで、普請の指揮を執ったそうです。

大手門跡から本丸へ

大手門跡を通過し、いざ本丸方面へ。馬溜の上に見えるのは、中櫓と太鼓櫓。

太鼓櫓を左手に、三の門跡・二の門跡と辿れば、最後は本丸に続くこの一の門。

天守

ついに全容を現した天守。白と黒のバランスも、入口の附櫓も素晴らしい!

破風をズームで。歴史を感じる色合いですねえ。

天守内部(地階~一階)

入口の附櫓から天守地階へ。奥に見えるは、現存天守で唯一の天守内にある井戸。

一階。展示物を置かない時期だったらしく、現存天守のつくりを堪能できました。

天守内部(二階~五階)

二階。現存天守といえば急な階段。桐で作られた珍しいものです。

二階から三階の床を貫く通し柱。この通し柱は天守内にいくつかありますが、
実際に目で確認できるのはこの階段付近のみとのことです。

最上階である五階からの眺め。南側は宍道湖が一望できます。

ライトアップ

本丸と三の丸跡から。この日(2018年5月9日)は、世界赤十字デーということで、
普段とは異なり赤色にライトアップ。幻想的でした。

さすが国宝!その気品ある佇まいに見惚れてしまいました。
次回後編は、石垣を中心に見てゆきたいと思います。

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

松江城へのアクセス

①JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバス10分、松江城「大手前」下車
②一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から市営バス(北循環線内回り)5分、「県庁前」下車

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

中国地方の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

Loading

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ