武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 現存天守の巻:彦根城(前編)

2018.11.09

現存天守とは

修復・改築・元の素材を用いての再建などを経て、
江戸時代からその姿を残している天守のこと。
日本全国で、該当するのは12城のみ。

近江が誇る現存天守・「彦根城」

別名:金亀城。滋賀県彦根市にある平山城。
徳川四天王の一人である井伊直政の子・直勝の代に築城される。

大手門

彦根城博物館のある表門側からではなく、江戸時代の大手だった西側から入城してゆきます。

大手門付近にある登り石垣。横縦横に築かれた石垣の共演が美しい。

天秤櫓と廊下橋

天守と並ぶ最大の見所がここ!有事の際は、橋を落とせば鉄壁の守りに。
石垣は江戸時代末期に修復され、左右で異なる積み方の石垣が見られます。

上に登って廊下橋手前から見ると、名の由来の通り天秤っぽいですね。

天秤櫓内部

天秤櫓内部。中は広く、多くの武器と兵を入れられる構造に。

東側の眺め。上から見ると、彦根城博物館の入り組んだ屋根が面白いですね。

天秤櫓から太鼓門

天秤櫓門を通過し、本丸への最終関門・太鼓門へ。これもど迫力。

天守

さあ、いよいよ天守のお目見え。まずは南側から。屋根の下にある3種類の「破風(はふ)」と、
二階と三階にある「華頭窓」という飾り窓の多さが彦根城の特徴といえます。

二枚目は西側から。三枚目は北側から、石垣込みだと北側からがオススメ。

天守内部(続櫓~二階)

天守内部へは、続櫓から入ります。太い木の柱と梁を見ると、歴史の深みを感じますねえ。

一階から二階へ登る階段。急な角度ですが、ものともしない地元の子ども達はたくましい!

天守内部(三階)

三階の梁と北側の眺め。下には西の丸と三重櫓、その先には琵琶湖が広がっています。

見どころ満載で、特に天秤櫓は何度見ても飽きません。もちろん天守もです!
次回後編は、石垣を中心に、佐和山城も紹介したいと思います。

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

松江城へのアクセス

電車で行く:JR「彦根駅」下車、徒歩約15分
車 で行く:名神高速「彦根IC」より、道なりで北西方面へ

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

滋賀県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ