武将愛 SAMURAI HEART

姫路城はプレゼント? いったい誰から誰へ?

2019.05.24

2015年の「平成の大修理」から早4年が過ぎようとしている姫路城。

人気のお城ランキングでは、必ず上位にあがっていますが、皆さんは姫路城に行かれたことはありますか?

今回は、これから姫路城に行こうと考えている方のために豆知識をひとつご紹介しますね。

 

姫路城の原型は南北朝時代に造られた

修理後、より白さが際立って美しい姫路城ですが、最初から「姫路城」と呼ばれていたのではないということは、ご存知でしたか?

姫路城の原型が造られたのは1346年の南北朝時代。
織田、豊臣、徳川の時代を愛する人にとっては、まさに戦国時代の始まり、ターニングポイントとなった時代なので、大好き!という方もいらっしゃると思います。
どんなことでもそうですが、何かが終わって新たに何かが始まるというときは、いろいろなもめごとが起きるものですよね。
この南北朝時代もその典型的なパターンで、鎌倉時代から室町時代に落ち着くまでの、ゴチャゴチャした「もめごと時代」でした。
どのようなもめごとだったかというと、大まかにいえば天皇中心の政治と幕府政治の対立。

建武の新政を行なった後醍醐天皇に反発した足利尊氏が、新たに光明天皇を天皇として立てて対抗したので、吉野に追われた後醍醐天皇は南朝として、光明天皇の方は北朝として、約60年ものあいだ戦っていたのです。
これが南北朝の時代です。

 

「姫山城」だった「姫路城」

やがて足利義満によって南北は統一されました。
ちなみに、織田信長が足利義昭を京都から追放するまでを広い意味で室町時代といいますが、南北朝時代も、京都の室町に幕府が置かれていたので、室町時代ともされます。

ちょっとややこしい時代ですね。
そういった時代に造られた姫路城は、この頃「姫山城」と呼ばれていました。
そしてその後、この姫山城の城主のひとりだった黒田孝高(くろだよしたか)は、織田信長が中国攻めをするときの重要地とするため、中国攻め司令官の羽柴秀吉にこのお城を与えて城主にしました。

この黒田孝高こそ武将であり大名である通称黒田官兵衛です。
ということで黒田官兵衛が「姫山城」を秀吉にプレゼントし、城主になった秀吉は城を整備し、城下町も整え、播磨の国の中心としての「姫路城」を確立しました。

 

【姫路城アクセス】
姫路市本町68番地

JR姫路駅および山陽姫路駅より徒歩20分。
姫路駅北口から神姫バス「大手門前」下車徒歩5分

入城料:大人(18才~)1000円
小人(小学生・中学生・高校生)300円

姫路城・好古園共通券:大人(18才~)1040円
小人(小学生・中学生・高校生)360円

開城時間:9:00~16:00
夏季(4月27日~8月31日)は9:00~17:00
休城日:12月29日・30日

武将カテゴリ

地域カテゴリ

noriko

はじめまして。徳川秀忠とお江夫妻のファンnorikoです。 ライティングの仕事をさせていただいています。 読んでくださった方が、当時に想いを馳せることができるような、そんなコラムを書いていきたいと思っています。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

中国地方の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

豊臣秀吉の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ