武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 現存天守の巻:備中松山城(前編)

2019.03.08

現存天守とは

修復・改築・元の素材を用いての再建などを経て、
江戸時代からその姿を残している天守のこと。
日本全国で、該当するのは12城のみ。

現存天守で最も高所にある「備中松山城」

別名:高梁城。岡山県高梁市にある山城で、「天空の城」とも呼ばれている。
岩村城跡や高取城跡とともに、日本三大山城としても知られている。

中太鼓の丸跡

マイクロバスでふいご峠まで登り、歩いて登城。まずは中太鼓の丸跡がお目見えです。
幸運にも雲海発生時に訪れたため、幻想的な姿が見られました。


大手門跡

中太鼓の丸跡から少し登ると、大手門跡が見えてきます。
大河ドラマ『真田丸』のオープニングでは、この大手門跡などが使われたそうな。

大手門の右手を見上げると、ド迫力の石垣群!岩、石垣、土塀!

土塀

天守をはじめ、ここにはいくつか現存建築物があります。そのうちの一つがこの土塀。
緩やかなカーブを描きながら、二の丸の方へ続いています。

振り返って、もう一度石垣群の方を見ましょう。何度見ても素晴らしい!

三の丸から黒門跡へ

こちらは三の丸。先程の石垣群とともに、厩曲輪と二の丸の石垣が見られます。

土塀に沿って進み、黒門跡を抜けると間もなく二の丸へ。

こちらは、黒門跡付近からの眺め。見事な雲海ですね。

二の丸

二の櫓門跡を越え、二の丸へ突入。いよいよ天守が見えてきました。

天守と本丸

近くで見ても小ぶりな天守。唐破風(からはふ)が大きく見えますね。
最も高い所にある現存天守でありながら、最も低い現存天守でもあります。

1枚目は天守入口付近から見た本丸、2枚目は本丸東御門。

天守も石垣も土塀も美しい備中松山城。昨年は猫城主でも話題になりましたね。
次回後編は、天守内部や展望台からの眺めをご紹介します。

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

備中松山城へのアクセス

電車で行く:JR西日本・伯備線「備中高梁駅」下車→路線バス「松山城登山口」下車、徒歩約50分
      ※駅からタクシーを利用した場合、「ふいご峠駐車場」より徒歩約20分
車 で行く:岡山自動車道「賀陽IC」より、西→北方面へ約30分

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

中国地方の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ