武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 其の四:松山城

2016.04.17

城郭建築の粋を集めた・松山城

現存12天守の中でも2城しかない連立式天守。別名:金亀城・勝山城。
大天守をはじめとした、21棟もの重要文化財を誇る。
加藤嘉明が1603年より築城を開始し、およそ25年をかけて完成するも、1784年に落雷で焼失。
1854年に再建し現在に至る。下から見上げるその姿は、まさに難攻不落といえよう。

黒門口登城道

三の丸から見上げる二之丸と天守。二の丸の復元多聞櫓と石垣がそびえ立つ。
松山城_01 天守と二之丸

槻門跡。約100mの間に3つの門跡があり、まさに鉄壁。奥の西大砲台石垣も美しいです。
松山城_02_1 槻門跡

黒門口登城道から本丸への道

大手門跡付近から見た筒井門西続櫓・太鼓櫓。15分ほど登ると、いよいよ城郭へ。
松山城_03_1 大手門付近から見た筒井門西続櫓・太鼓櫓

大手門跡の北側眺め。直進は行き止まり、天守へ行くには太鼓櫓下を折り返さねばなりません。
松山城_03_2 太鼓櫓と天守 02

筒井門周辺

戸無門と太鼓櫓、筒井門。天守は近いようで遠い。寄手は少しでも立ち止まると集中砲火ですね。
松山城_04_1 戸無門と太鼓櫓、筒井門

太鼓門西塀からみた筒井門。筒井門を通過しても、今度は太鼓門西塀の狭間から狙われます。
松山城_04_2 太鼓門西塀からみた筒井門

本丸の屏風折石垣

天守群と馬具櫓。筒井門を抜けると、眼前には天守群と壮大な屏風折石垣が!
松山城_05_1 天守群と馬具櫓

馬具櫓下の石垣。大手門跡から天守へ向け直進すると、この石垣が立ちはだかります。
松山城_05_2 はばき石垣

紫竹門と天守群

筑紫門は、大手と搦手とを分断する守りの要所。近づけば、小天守と南隅櫓から狙い撃ち。
ちなみに、天守・小天守・櫓などの連立している建物群の総称を「本壇」と言います。
松山城_06_1 紫竹門と天守群

南隅櫓・十軒廊下・北隅櫓

北隅櫓は戌亥小天守、南隅櫓は申酉小天守との別名があり、それも納得の佇まい。
この構図、個人的に「連立式天守」という名称が妙にしっくりきました。
松山城_07_1 南隅櫓・十軒廊下・北隅櫓

本丸西側

乾櫓・乾門・乾門東続櫓。搦手の古町口登城道から攻め上ると、この門と櫓が目前に。
松山城_08_1 乾櫓・乾門・乾門東続櫓

野原櫓・乾櫓と石垣。松山城の北西方面を守る櫓。ここも屏風折石垣。
松山城_08_2 本丸北西側石垣と野原櫓・乾櫓

本丸東側

本丸北側石垣。築城時からの打込ハギによる石垣で、この上にも櫓があったそうです。
松山城_09_1 本丸北側石垣 07

巽櫓と石垣。何とも素晴らしい扇の勾配!これほどの曲線美はなかなかありません。
松山城_09_2 巽櫓と石垣

天守群内部からの眺め

東側の景色。下に天神櫓と艮門・艮門東続櫓、遠目に100名城の湯築城跡があります。
松山城_10_1 天守群東側・内部より

南側の景色。本丸広場が一望でき、見事な城郭が堪能できます。
松山城_10_2 天守群南側・内部より

県庁裏登城道の「登り石垣」と、東雲口登城道入口の「加藤嘉明公像」なども見どころ。
筒井門と乾門からは朝5時(季節による)に入れるので、早起きして行くのがオススメです。

大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

松山城へのアクセス

☆ 最寄駅から市内電車を利用して行く
松山駅(JR)から:「道後温泉行き」で約10分→「大街道」下車、北へ徒歩約5分
松山市駅(伊予鉄道)から:「道後温泉行き」で約6分→「大街道」下車、北へ徒歩約5分

☆ 松山空港から行く
「道後温泉駅前行き」リムジンバスで約30分→「大街道」下車、北へ徒歩約5分

※ロープウェイ乗り場のある東雲口への所要時間です。

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ