武将愛 SAMURAI HEART

Loading

加藤清正の銅像ばかりだけど…名古屋城の城主、結局誰かわからない!!

2016.01.08

IMG_0045_R

名古屋城は有名なお城ですが、その城主だった人と言えば誰でしょう。
城の中に加藤清正の銅像があったり、清正石という大きな石があることから「加藤清正公」が城主と思われがち。

しかし、それは間違い。
作ることを命じた人は徳川家康公で、城主は徳川家康公の9男義直なのです!

加藤清正公は天守閣の工事を担当した大名であり、城主ではありません。

あまり歴史がよくわからない方からすると、「え、誰?9男ってよくわからない」
となると思います。名古屋城は城主がわからないように、混乱させる謎があるのです。

 

<名古屋城に特化した”名古屋城愛ページ”>名古屋城の情報などはこちらをクリック

<加藤清正関連記事> 名古屋城で推されている加藤清正公の記事はこちらから

絶対誰でも間違える。驚きの清正公推し

間違えるのは恥ずかしいことではありません。職員さんに聞いても間違える方が多いとのことでした。

まずは名古屋城内。加藤清正公のみ銅像が建っています。

IMG_0045_R

清正が持ってきたと言われる大きな石「清正石」。実は持ってきたのは黒田長政らしく、本当は清正石ではないそうです。

「なぜそんなだまし討ちを!!」と、職員さんに尋ねたら「加藤清正公人気にあやかってそう命名したそうです」とのこと。事実を捻じ曲げてまで、清正人気に頼っていたとは。

IMG_0073_R

能楽堂にも清正公が城主っぽい銅像がある

名古屋城のすぐ向かいに、能楽堂という場所があります。ここにもまさかの加藤清正公の銅像が!

IMG_9713_R

この石は、遠く離れた篠島から取り寄せた大きな石が展示してあります。こちらは「清正石」です。

IMG_9711_R

天守閣を担当する加藤清正の築城スキル

加藤清正公といえば、卓越した築城スキルが有名な武将です。特に彼の城作りの特徴は石垣の「武者返し」と呼ばれています。
この上に行くほど急勾配になる石垣は、どんな武士も入ってこれずに落下してしまうことから、この名前がついたそうです。

この斜めに反り返った石垣を作るには、2つの工法をミックスさせています。上の方の急勾配になっているものは、「算木積み」と呼ばれ、長方形の石を左右交互に積み上げています。

下の方は「穴太積(あのうづみ)」といって、同じ大きさの石を積み上げていきます。
しかも足をかけられないほど、石をキレイに整形しているので、やすやすと敵が侵入できない作りになっています。

しかも「連結式天守閣」なので、入り口から天守閣までの距離が長く、迷路のように複雑な作りもポイント。

名古屋城で戦うことはありませんでしたが、いざという時は最強の城として活躍したであろうと言われる、最高傑作の城なのです。
住んでもよし、戦う時もバッチリという2刀流が城好きからも愛されるポイントです。

そんなわけで、天守閣が素晴らしかったのと、加藤清正が民衆から人気があったことから、名古屋城は加藤清正を猛プッシュすることになったのでしょう。

しかし、城主は義直です。尾張徳川家といえば、水戸、紀州、尾張と徳川御三家のひとつ。その祖でもある義直。かなり重要なポジションのお方です。

徳川家康もただ息子のために城を作ったのではなく、対豊臣家の最前線の城として築城したと言われています。

もし戦いが起こったら、大阪城と同等かそれ以上に手強い城となっていたでしょうね。

この名古屋城は徳川家康の最後のお城ですから、貴重なお城。

そんなわけで、築城したのは銅像の数の多さで加藤清正だと思いがちですが、徳川義直が城主。
そして徳川家康の最後の城なのです。

 

<名古屋城に特化した”名古屋城愛ページ”>名古屋城の情報などはこちらをクリック

 

<加藤清正関連記事> 名古屋城で推されている加藤清正公の記事はこちらから

 

名古屋城へのアクセス

公共交通機関をご利用の場合

<地下鉄>

名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分

鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

<市バス>

栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」

なごや観光ルートバス「メーグル」

基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分

<名鉄>

瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

車をご利用の場合

名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口から北へ5分

名古屋城公式Webサイト名古屋城公式Webサイト(外部リンク)

 

 

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

Loading

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る