武将愛 SAMURAI HEART

名古屋城の隠れた名物「金鯱焼き」。焼きたてが食べられる週末(不定期)を狙おう!

2017.01.09

img_1444_r

名古屋城で20年以上もロングセラー商品である「金鯱焼き」。
1個130円とリーズナブルなお菓子です。

この金鯱焼きは小倉味から始まり、今やチョコキャラメル味などオシャレな味まで4種類。
箱入りのお土産はもちろん、その場で食べることもできます。

いつもは作り置きですが、焼きたてのアツアツの金鯱焼きが食べられる日が週に1回あるんです!
狙って食べに行ってきました。

貴重な金鯱焼き製作も見られる

ちなみに焼きたてが食べられるのは、週末か祝日のどれか1日。
この日と限定ができないらしいので、狙うなら週末が良さそうです。

私は祝日に行ったら焼いている現場に当たりました!
わかった理由は匂いです。

焼いている間、あまーい香りと「ポンポン」となにかが弾ける音がするんです。
匂いと音で判別できます。

なかなか焼いている現場には会えないので、すごく嬉しかったです。

金鯱焼き売り場は天守閣入り口付近の売店にあります。
食券を購入するところの裏に金鯱焼き場が。
金鯱型の鋳物があるのですぐわかります。

img_1450_r

これが金鯱型。手作業で1つ1つ焼いています。
かなりアナログな方式で作っているのですね。
こういう所が個人的には共感が持てるポイントです。

img_1449_r

焼きあがったらひとつひとつ取り出します。
鋳物型にいる金鯱焼き、かなりレアですよ!

img_1443_r
img_1444_r

こうしたケースに並べられていく金鯱焼き。
なんだかカワイイですね。

img_1446_r

味は4種類。
この日はチョコキャラメル味を製作していました。
img_1452_r

売店ではお土産用にパッケージに入ったものも販売しています。

dsc_0063_r

こちらが金鯱焼きの焼きたてバージョン。
バターがほんのりきいたマイルドな皮です。
焼きたては当然アッツアツ。
中身の熱が熱くて「すごい贅沢」をしているような気持ちになります。

img_1454_r

通常は冷たいですが、電子レンジも何も使わず温かいというだけで感動できます。
名古屋城は何も食べるものがないと、お嘆きの皆さん、金鯱焼きがあります!
金鯱焼きのできたてを狙ってみてください。

「最高の名古屋城グルメ」だと、感じられるはずです!

 

<名古屋城関連記事>名古屋城の見どころ・グルメ・フォトスポット情報などはこちら

名古屋城へのアクセス

公共交通機関をご利用の場合

<地下鉄>

名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分

鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

<市バス>

栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」

なごや観光ルートバス「メーグル」

基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分

<名鉄>

瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

車をご利用の場合

名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口から北へ5分

名古屋城公式Webサイト名古屋城公式Webサイト(外部リンク)

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。東海三県の歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営を行うWebライター。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ