武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 日本三名城の巻:名古屋城

2020.08.14

日本三名城とは

築城の名人と言われた、加藤清正もしくは藤堂高虎が普請した城。
選ばれる三城については、時代などにより諸説あるが、
この連載では大阪城・熊本城・名古屋城を三名城とする。

徳川時代到来を印象づけた「名古屋城」

別名:金鯱城、蓬左城など。愛知県名古屋市にある梯郭式平城。
1610年に天下普請として築城開始。1615年に完成し、徳川義直が入城。
天守は2018年5月をもって閉館となっており、いずれ木造復元する予定。

正門と西の丸

今回ご紹介する写真は、すべて2014年に訪れた際のものです。
まずは南西側の入口である正門、またの名を旧榎木多門から入ってゆきましょう。

正門をくぐるとすぐあるのが、名古屋城名物と言えるこの金のシャチホコ。
そのシャチホコを左手に北方向に目を向けると、天守が正面に見えます。

天守西側

加藤清正による美しい石垣を堪能できるのがこちらの方角。鹿はいたりいなかったり。

こちらは西北隅櫓。本丸の北西方向にある御深井丸(おふけまる)の隅にあります。

天守北側と不明門

御深井丸を東に進めば、本丸北側にある不明門へ。一枚目は外側、二枚目は内側からの写真。

不明門に近い位置の天守台石垣には、担当した証として「加藤肥後守」と入ったものも。
画像を縦回転させると、なんとなく右上から「加藤肥後守」と読めます。


天守

不明門をくぐって本丸へ。本丸側からは、空襲で色が変わった石垣も見られます。

本丸表一之門跡付近

本丸の東側にある本丸表一之門跡。足を踏み入れると、左手には巨大な「清正石」が。

さらに奥には、体育館付近があった付近から移築された東二之門があります。

本丸御殿

解体が決まり閉鎖された天守に変わり、目玉として建築されたのがこの本丸御殿。
2018年に完成したため、2014年当時はまだ一部しか見ることができませんでした。


二の丸

表二之門を通過し、二之丸へ。こちらは、二之丸から見る東南隅櫓。

石垣普請を現場で鼓舞する清正公像や、那古野城跡があるのもこの二之丸です。

門跡

名古屋城の東側入口・二之丸東鉄門跡。石垣とともに広大な空堀も楽しめる場所。

こちらは正門の西側にある巾下(はばした)御門跡。石垣の刻印が間近で見られます。


今回で日本三名城の巻は終了。次回からは新シリーズをお送りします!

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

名古屋城へのアクセス

電車で行く:地下鉄名城線「市役所駅」より北へ徒歩約5分。
車 で行く:名古屋高速都心環状線「丸の内IC」より北へ約5分。

武将カテゴリ

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

PR

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ