武将愛 SAMURAI HEART

父は秀忠に進言したことのある家臣。大垣藩主戸田家廟所のある「円通寺」

2018.06.21

円通寺は大垣藩主・戸田家の菩提寺であるお寺。
寛永12年(1635年)初代大垣藩主の戸田氏鉄が尼崎から大垣へ転封となった時に、尼崎から伽羅などを移築して建立したお寺です。

戸田家廟所は、岐阜県の文化財に指定されています。

戸田家の転封から大垣藩の発展

戸田氏鉄はもともとは三河国二連木生まれで、徳川家康に仕えていました。
加増。今でもそれをたたえて「10万石まつり」が開催されています。

関ケ原合戦で父が戦死すると、家督をついで膳所藩主になりますが、5万石に加増して尼崎へ、さらに大垣転封時には10万石に4大将軍の誕生時にへその緒を切る役目を行う、治水工事を成功せる、島原の乱で武功をたてるなど活躍してどんどん加増していったようです。

この円通寺は代々戸田家から寺領として土地が寄進されていて、4代目の時には寺領200万石という大きさにまで増えています。
戸田家の菩提寺としてお寺は栄えたようです。

しかし大垣は空襲があった場所。本堂などは消失しましたが、山門だけは空襲を逃れ、今は市の重要文化財となっています。

空襲により初代の氏鉄・二代目の氏信・7代目の氏教の墓石などが破損してしまいます。
大垣市市政45周年事業で復旧されましたが、駒込の蓮光寺に収められていた9代氏正、11代氏共の墓も分骨されることで、歴代藩主のお墓がお寺に揃うことになります。

大垣藩の藩政の安定は戸田氏の功績ということで、大垣城公園には銅像が建っています。

ちなみに諸説ありますが、お父さんの一西は、関ケ原合戦のときに秀忠の上田城攻めに参戦。ここで戦うより関ケ原へ陣をすすめるようにと進言したと言われています。

関ケ原合戦に遅刻することになった秀忠は、家康からの大目玉を食らう羽目に。
その時に秀忠に進言したことを買われて、出世していったのかもしれません。

代々の子孫は大垣の常葉神社にて祭神としてお祭りされています。
この神社も大垣公園内にあるので、セットで見に行ってみるのもおすすめです。

円通寺へのアクセス

住所:大垣市西外側町1-32-1
TEL:0584-78-7438

大垣駅より徒歩13分

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

岐阜県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ