武将愛 SAMURAI HEART

関ヶ原の戦い|関ヶ原古戦場跡から考える前編

2022.05.23

関ケ原

〜過去の取材記事の投稿となります〜

 

関ヶ原古戦場跡。

関ヶ原全体を見渡すことができるこの場所は、石田三成の本陣跡がある笹尾山です。

今回は前後編に分けて関ヶ原古戦場跡から紐解く『関ヶ原の戦い』についてお話していきます。

 

関ヶ原の戦いとは

関ヶ原の戦いは、結果的に豊臣政権から徳川政権に移るきっかけになった戦いですが、厳密にいうと豊臣家と徳川家の戦いであったわけではありません。

大坂城には三成側の毛利輝元が陣を取っており、大坂城に豊臣の兵がいたので、どちらかといえば三成側ということはできるかもしれませんが、豊臣秀頼がこの戦いの石田三成軍に加担し、徳川家康を倒すように指示したわけではないといいます。

あくまでも豊臣秀頼は中立の立場であったといいます。

関ケ原

さて、この関ヶ原の戦いが起こったきっかけは、豊臣秀吉が亡くなり、その跡継ぎであった豊臣秀頼がまだ6歳という幼い年齢であったこと。

6歳では天下を治めることはことはできないと、徳川家康は天下取りに立ち上がりました。

それに対して、石田三成が、豊臣秀頼が6歳であっても、周りがサポートすれば十分に国を治めることができると主張しました。

これがきっかけで、石田三成と徳川家康が対立したことによって関ヶ原の戦いが起こりました。

関ケ原

 

石田三成布陣跡

石田三成は、ここ笹尾山に布陣しましたが、偶然この場所になったわけではなく先知していたと考えられています。

関ケ原

笹尾山は、その前を通る北国街道を押さえることができる位置にあり、しかも高台で盆地を一望できるため陣を置くにはとても適した場所でした。

急な勾配を上まで登っていくと、頂上に石碑があります。

関ケ原

さて、石田三成はまだ6歳という幼い年齢でも政権は維持できると主張しましたが、それにはきちんとした裏付けがありました。

その裏付けとは、室町時代にも幼少の将軍がいましたが、周りのサポートにより政権が維持されたという実績。

石田三成は当初、自分の考えに賛同してくれる味方を固め、勝算はあったわけなのですが、結果的に毛利・吉川・小早川の軍勢を思い通りに動かすことができなかったため敗北してしまいました。

そのため、石田三成の行動によって豊臣家が滅びてしまったのではないかといわれてしまうこともあるようです。

 

関ヶ原の戦いの結果は

関ヶ原の戦いは、徳川家康が勝利したことで、徳川政権により、泰平の世を長く築くことができました。

けれど起きたことがよいことなのかは、いつの時代も後から振り返ってみて初めてわかるものですね。

 

関ヶ原の戦い(関ヶ原)のカテゴリ一覧はこちら

 

【関が原古戦場へのアクセス】

岐阜県不破郡関ケ原町

JR関ヶ原駅 徒歩20分

武将カテゴリ

地域カテゴリ

noriko

はじめまして。徳川秀忠とお江夫妻のファンnorikoです。 ライティングの仕事をさせていただいています。 読んでくださった方が、当時に想いを馳せることができるような、そんなコラムを書いていきたいと思っています。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

PR

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ