武将愛 SAMURAI HEART

わりと知られていない!?名古屋城の堀にはシカが2頭住んでいるってホント?

2015.12.25

IMG_0097

名古屋城の堀には実はシカが2頭住んでいます。
これを地元の人にすると「え、そうなんだ!」と驚かれます。

みんな知っていると思ったのに意外です。堀にシカがいる姿は癒やされますよ。
ぜひ名古屋城に来たらシカをチェックすべし!です。

<名古屋城に特化した”名古屋城愛ページ”>名古屋城の情報などはこちらをクリック

 

シカは江戸時代から飼われていた!

そもそも名古屋城は徳川家康の9男・義直の城。徳川家康が息子のために最後に建てた城です。

IMG_0094

戦争で焼けてしまう前までは、天守閣も現存しており、文句なしの国宝第1号のお城でした。
その後は天守をコンクリートで再建し、「城の形をしたビル」と言われ残念な城のイメージが強くなってしまいました。

しかし、名古屋城は面白いし、見どころも十分です。
特にこのシカは珍しいので、おすすめです。

なぜ城にシカが居るかというと、江戸時代、奥女中の遊び相手として庭でシカが飼われていたとのことです。なぜシカだったのかは疑問ですが、ルックスが可愛かったのではないでしょうか。

しかし発情期に暴れまくってしまったシカは、危険扱いされて堀の中に移動させられました。その後は戦争が起きるまでは、粛々と堀のかなで生き続けてきたのです。戦争中は食糧難もあり、1頭もいなかったそうです。

もしかして食料に…?

IMG_0035

その後、シカはまた飼われることになり、最大で60頭まで増えたことも。その後はどんどん数が減り、今では2頭のみになってしまいました。

IMG_0029

しかもメス同士の母娘。仲良しです。

IMG_0099

名古屋市民の間ではアイドル的存在の、「堀のシカ」たち。落ち着いたらまた仲間を増やしてもらって、賑やかな堀になるといいですね。

ちなみに外堀にいるアヒルも役者。外堀は西南隅櫓を見るのにいいロケーション。

IMG_9841

写真を撮っていると近づいてきてくれて、白鳥の湖みたいなポーズをしてくれました。

IMG_9849

名古屋城の動物たちのアイドル性、すごいです!

IMG_9847

動物好きにはたまらないお城なのではないでしょうか。

 

<名古屋城に特化した”名古屋城愛ページ”> 名古屋城の情報などはこちらをクリック

<名古屋城へのアクセス>名古屋駅からメーグルに乗って名古屋城へ

<名古屋城へのアクセス>名古屋駅から地下鉄に乗って名古屋城へ

 

名古屋城へのアクセス

公共交通機関をご利用の場合

<地下鉄>

名城線 「市役所」 下車 7番出口より徒歩 5分

鶴舞線 「浅間町」 下車 1番出口より徒歩12分

<市バス>

栄13号系統(栄~安井町西) 「名古屋城正門前」

なごや観光ルートバス「メーグル」

基幹2号系統 「市役所」 下車 徒歩5分

<名鉄>

瀬戸線 「東大手」 下車 徒歩15分

車をご利用の場合

名古屋高速1号楠線 「黒川」 出口から南へ8分
名古屋高速都心環状線 「丸の内」 出口から北へ5分

名古屋城公式Webサイト名古屋城公式Webサイト(外部リンク)

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。東海三県の歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営を行うWebライター。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

コメント一覧

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ