武将愛 SAMURAI HEART

京都の「御土居」で、豊臣秀吉の街づくり力を感じよう

2016.01.21

IMG_9488_R

御土居とは、豊臣秀吉が京都に作った土塁のこと。この土塁は、外敵の来襲と鴨川の氾濫から市街を守るために、天正19年(1591年)作られたものです。

その土塁が今でも数カ所残っていて、重要文化財として大切に保護されています。
ブラタモリでもタモリさんが訪れ、観光客も増えているスポットです。

京都市内にいくつも確認できる御土居跡

京都市のホームページによると、御土居の規模の大きさがわかります。

 台形の土塁と堀(堀の一部は川,池,沼を利用)からなり,その延長は22.5キロメートルに及び,東は鴨川,北は鷹ヶ峯,西は紙屋川,南は九条あたりにそって築かれました。土塁の内側を洛中,外側を洛外と呼び,要所には七口を設け,洛外との出入口としました。鞍馬口,丹波口などの地名はその名残です。

現代は家などが建設され、御土居の跡は一部ですが9箇所で確認できます。

京都市:御土居

ブラタモリでも放送された大宮御土居へ行ってみた

9ヶ所あるうち、有名なものは北野天満宮の中にある御土居、平野御土居、大宮御土居です。
中でも大宮御土居は残っている部分がかなり大きいので、見応えがあります。

実際にその形をこの目で見ると、豊臣秀吉の街づくり計画がよくわかります。
この御土居を作るのにたくさんの労力、お金を投入したというだけありますね。

IMG_9488_R

ブラタモリでもタモリさんがここを訪問したこともあって、一番注目されている御土居なのではないでしょうか。

DSC_0123_R

ここはカギがかかっていますが、目の前のお菓子屋さん「光悦堂」さんでカギを借りて入ることができます。
この用紙に必要事項を記入。

1

カギをあけて入ります。

DSC_0137_R

ちなみに、「御土居餅』なるものも販売。

IMG_9492_R

プレーンとよもぎです。

IMG_9495_R

山のような土塁に感動

入ってみると土塁の大きさに驚きます。

IMG_9490_R

身長165センチの私で比べてみてください。相当な高さであることがわかると思います。

DSC_0143_R

秋に行ったのでところどころ紅葉。

IMG_9490_R

奥に行くとさらに御土居の跡のような谷があります。
ここはカギがかかっています。

DSC_0150_R

デカイ…
DSC_0158_R

この上には登ることもできます。

DSC_0162_R

これが一番上の景色。

DSC_0167_R

上から見た光悦堂さん。それほど高さはありません。

DSC_0163_R

ここで御土居餅を食べてみることにしました。

DSC_0168_R

素朴な味で美味しいです。

DSC_0180_R

大宮御土居へのアクセス

住所

北区大宮土居町

公共交通機関をご利用の場合

バス停「玄琢下」下車

■京都市バス
・1号系統
・6号系統
・北1号系統

最寄り駅地下鉄「北大路駅」から1.8Km

 

関連ランキング:和菓子 | 北大路駅北野白梅町駅鞍馬口駅

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。東海三県の歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営を行うWebライター。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

京都府の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

豊臣秀吉の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ