武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 模擬天守の巻:小牧城と旭城

2022.06.12

模擬天守とは

・城はあったが天守はなかった地に建てられた
・城に天守台はあったが天守はなかった地に建てられた
・城に天守はあったが、往時とは異なる場所に再建された
以上のいずれかに該当する天守を指す。

小牧山城

愛知県小牧市にある、織田信長が美濃攻めに際し築いた城。
1968年に山上の模擬天守(小牧市歴史館)が開館した。

南口

2016年頃、続日本100名城に選定される直前に行った時の写真です。
大手口もありますが、この時は南口から→搦手から山上へ行きました。

南口から少し進み、左前方面の小牧山を見上げます。
現在、麓には情報館である「れきしるこまき」があります。

虎口

こちらは、南側と東側につくられた出入口である虎口。
小牧・長久手の戦いの際に徳川方がつくったもののようです。

居館跡と搦手口

城内最大面積を誇るこの曲輪が、織田信長の居館跡といわれているとか。

城の北側にあるのが搦手。小牧山城駐車場はこちら側にあります。

搦手

いざ、搦手口から山上へ。2016年当時の登城路はこんな感じでした。

こちら側にも虎口があるので、虎口ファンはお見逃しなきよう。

天守と主郭

10分ほどで主郭へ到着。以前の訪城時より、主郭全体がかなりきれいに。
現在は、さらに整備が進んでいることでしょう。

天守からの眺め

最後は、最上階からの眺めをご紹介。南側遠方に見えるは名古屋駅の建物群。

天気が良い日は色々と見えますので、訪城時は望遠装備をオススメします。
写真は順に、望遠レンズで撮影した岐阜城・犬山城・名古屋城・清洲城。



旭城

愛知県尾張旭市にある、新居城に築かれた模擬天守。
1978年に「旭城」の名で勤労者福祉施設として建てられた。

天守

尾張旭市にある城山公園の南側、道路沿いに作られたのがこの天守。
歴史上不明な点の多い城らしく、天守ももともとなかったようです。


新居城跡

天守の北側には新居城があったとされており、土塁などの遺構が。
「城はあったが天守はなかった地に建てられた」ので模擬天守となります。


今回から開始する「模擬天守シリーズ」。初回は小牧山城と旭城でした。
模擬天守は数が多いので、今後も二基ずつご紹介してゆきたいと思います。

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

小牧城へのアクセス

電車で行く:名鉄「小牧駅」より、西方向へ徒歩約25分。
車 で行く:名神高速道路「小牧IC」より、南方面へ約10分。

旭城へのアクセス

電車で行く:名鉄「尾張旭駅」より、北西方向へ徒歩約10分。
車 で行く:名二環「引山IC」より、北東方面へ約15分。

武将カテゴリ

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

PR

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

織田信長の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ