武将愛 SAMURAI HEART

この記事は2016年9月3日記事のため内容が古い可能性があります。

江戸時代の東大「湯島聖堂」? 幕府を支える人材育成所だった「湯島聖堂」って?

2016.09.03

0

幕府は勤め超エリートコース

江戸時代、旗本や御家人、大名など、多くの藩士が江戸で生活をしていました。

藩士だけではなく学者たちもまた、江戸に住まうために集まってきました。

その人々は皆、幕府で働くことを願って集まってきたと言われています。

DSCN3720

現代も知育に力を入れている学校があるように、江戸時代にも読み書きを教える手習塾や高度な学問を教える私塾がたくさんできました。

江戸時代、幕府勤めは誰もが憧れる就職先。

幕府で働くという超エリートコース目指し、学んでいた人はたくさんいました。

20160820_105350

 

幕府直轄の学問所に

誰もが憧れの幕府勤務ですが、

その幕府直轄の学問所だったのが「昌平坂学問所」です。

DSCN3638

昌平坂学問所は1797年に現在の文京区湯島で開設されました。

けれど、昌平坂学問所はこのときに新しく建てられたものではありません。

DSCN3644

 

元をただせばやっぱり徳川家康

この昌平坂学問所。もともとは徳川家康に召し抱えられた朱子学派儒学者である林羅山の私塾でした。

お勉強大好きの徳川家康は儒学を学び、日本の朱子学を確立した藤原惺窩(ふざわらせいか)の弟子である林羅山から朱子学を学びます。

林羅山は「空と地のように万物には必ず上下がある」と教えました。上下と言っても身分の差ということではありません。

父と子、主君と家来、教師と弟子のように目上の者を敬うという教えです。

DSCN3647

 

江戸幕府の秩序のもと

この朱子学が江戸幕府の秩序のもとになりました。朱子学のおかげで世の中の乱れを抑えることができたとも考えられています。

徳川家康は林羅山の私塾で組織づくりを学び、それを政治に生かしたというわけです。さすが賢い徳川家康です。

 

孔子も祀られている

林羅山は朱子学派の儒学者です。儒学といえば中国における儒学の祖である孔子。

当然ここには孔子を祀る聖堂が建てられました。

20160820_105238

そして5代将軍徳川綱吉のときに林羅山の私塾は、聖堂と共に現在の湯島に移転され湯島聖堂と呼ばれるようになったのです。

DSCN3718DSCN3719

(江戸時代の湯島聖堂と現在の湯島聖堂:パンフレットより)

のちに昌平坂学問所として幕府直轄の学問所となったのは11代将軍徳川家斉のときでした。

 

徳川家康なくして江戸は語れず

大都市東京は、江戸時代の史跡がいたるところにあります。オフィスビルやショッピングタワーなどに隠れているものも数多くありますが、見どころいっぱいの東京。その史跡、もとをただせばほとんどが徳川家康に関わってくるものです。

DSCN3631

徳川家康のお勉強好きにあやかりたい方やビジネス戦略のパワーが必要な方は、ぜひ湯島聖堂へ。

徳が高い人に感じて現れるという鬼龍子(きりゅうし)。

20160820_105044

建物を守る鬼犾頭(きぎんとう)

20160820_105059

パワーがありそうな霊獣たちが迎えてくれますよ。

 

湯島聖堂 アクセス

東京都文京区湯島一丁目4-25

JR 中央線     御茶ノ水駅   徒歩2分

東京メトロ千代田線 御茶ノ水駅   徒歩2分

東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅    徒歩1分

 

 

拝観料  無料

閉館日  夏季 8月13~17日

冬季 12月29~31日

公開時間 午前9時30分~午後5時まで

 

 

武将カテゴリ

地域カテゴリ

noriko

はじめまして。徳川秀忠とお江夫妻のファンnorikoです。 ライティングの仕事をさせていただいています。 読んでくださった方が、当時に想いを馳せることができるような、そんなコラムを書いていきたいと思っています。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

関東地方の記事

人気記事

PR

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ