武将愛 SAMURAI HEART

城を巡る 現存天守の巻:松江城(後編)

2018.10.26

現存天守とは

修復・改築・元の素材を用いての再建などを経て、
江戸時代からその姿を残している天守のこと。
日本全国で、該当するのは12城のみ。

山陰唯一の現存天守・「松江城」

別名:千鳥城。島根県松江市にある平山城。
日本三大湖城のひとつとも言われ、2015年に国宝に指定される。

登城路その一

まずは、太鼓櫓・中櫓・南櫓の石垣を左手に、大手門から入城。

二の丸下の段を通り、三ノ門跡→一ノ門を経て本丸へ。
長く伸びる壮大な石垣と、堀尾家の紋が刻まれた石垣が見られます。

登城路その二

島根県庁の北側、千鳥橋を渡り南口門へ。二の丸を通過し一ノ門から本丸へ行くコースです。

一ノ門直前、正面が南多聞、左が弓櫓跡。どちらも巨石を用いた趣のある石垣ですね。

登城路その三

大手門から北にある、北惣門橋から入城するコース。

脇虎口ノ門跡を通過すると、二の丸下の段。大手門コースと逆側からの石垣が見られます。

馬洗池の左を通過すると、水ノ手門跡へ。
ここから本丸へ続く北ノ門跡と、素晴らしい石垣が次から次へと現れます!

登城路その四

西側から入るルート。椿谷と呼ばれる広場を通り、西ノ門→一ノ門から本丸へ。

本丸石垣

下段にある中曲輪から見上げる本丸石垣と天守。贅沢なツーショットです。

天守附櫓

天守の入口、附櫓を支える石垣のおもてなし。

ライトアップ

大手門付近と二の丸広場の石垣。光に照らされると、無骨な石垣も華やかに!?

堀巡り

松江城名物、堀巡り。石垣を船上から見上げるのもいいものですね。

現存天守だけではなく、素晴らしい石垣と堀も堪能できました。
次回は、滋賀県にある井伊家ゆかりのあのお城へ!

 

写真で攻める!大人気「城を巡る」その他のシリーズはこちらをクリック

 

松江城へのアクセス

①JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバス10分、松江城「大手前」下車
②一畑電鉄「松江しんじ湖温泉駅」から市営バス(北循環線内回り)5分、「県庁前」下車

地域カテゴリ

新井 良典

愛知県出身、三重県在住の社会保険労務士。一番好きな武将は大谷吉継公。マイ甲冑作成教室や甲冑試着体験を行う「あいち手作り甲冑サポート塾」に所属し、現代にも活かせる人財づくりを戦国武将から学ぶ「いい武将研究会」を主催。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

中国地方の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ