武将愛 SAMURAI HEART

Loading

小牧・長久手の戦い「長久手古戦場」-たくさんの犠牲者を出したことがわかる3つの史跡-

2016.10.05

dsc_0056_r

もはやシリーズ化している、小牧・長久手の戦いを巡る旅。
今回は長久手の戦いの被害の大きさを物語る、「長久手古戦場」3つの史跡「血の池公園・鎧掛けの松」「長久手城址跡」「首塚」をご紹介します。

小牧・長久手の戦いは、羽黒の戦いから長久手の戦いまでで約4000人の戦死者がでる残酷な戦いでした。

特に被害が大きかったのは、4月9日に両軍がぶつかった長久手の戦いで、森・池田軍は2500余名の死者を出しています。
そのため、長久手周辺にはたくさんの犠牲者が出たことがわかる史跡がたくさんあるのです。

 

豊臣秀吉と徳川家康の直接対決「小牧長久手の戦い」を紐解く記事はこちら

 

長久手古戦場 1・血の池公園と鎧掛けの松

このおどろおどろしい名前のだけでも、戦いの残酷さが垣間見られますね。
この名前がついたのは、小牧・長久手の戦いの後、武将たちが松に鎧をかけて、地の付いた槍や刀を洗った池が合った場所なのだそうです。

その池があった場所は公園となっています。

dsc_0047_r

そんな逸話があるとは思えないほどのどかさ。
広さも十分にあり、近所の子供達がサッカーを楽しむ場所として知られているようです。

dsc_0048_r

dsc_0049_r

長久手古戦場の史跡はここだけではありません。
公園の裏手にいくと、鎧をかけた松があります。

dsc_0038_r

看板後ろにある大きな松が、その松です。
相当な大きさで写真に収まりきりませんでした。

dsc_0041_r

すぐ裏には、子供が自転車の練習をしつつ、交通ルールが学べる長久手町交通児童遊園もありました。
自転車は無料で貸してもらえるそうです。
dsc_0034_r

地図は看板が分かりやすかったです。
dsc_0046_r

血の池公園、鎧掛けの松の史跡は、子どもたちの遊び場として親しまれています。
残酷な歴史があったことと現在を比べると、平和な時代に感謝したくなります。

住所:長久手市城屋敷

長久手古戦場 2・長久手城址跡

dsc_0056_r

お次は長久手城址跡です。
こちらのお城は、前回ご紹介した日進市の岩崎城跡と歴史がつながっています。
岩崎城は徳川家臣の丹羽氏重が約300人の兵士とともに、2500余りの池田恒興軍と3日戦い、全員殉死したという壮絶な戦いがありました。

その親戚であった加藤太郎右衛門忠景の居城跡が、長久手城址跡なのです。

dsc_0061_r

加藤氏は岩崎城が落城したと知り、戦死してしまいます。
江戸幕府となってからも、尾張徳川藩に大事にされ、この碑を立てたのだそうです。

dsc_0057_r

その横には観音堂がありました。

dsc_0054_r

住所:長久手市城屋敷2408

血の池公園と長久手城址跡は近いので、セットで回れます。

長久手古戦場 3・首塚

首塚は長久手城址から離れますが、岩作村安昌寺の雲山和尚が合戦で戦死した多くの将兵の屍を集めて、塚を作ったと言われる場所です。
特に長久手合戦は2500人もの死者を出しているので、相当な遺体数だったのではないかと想像できます。

住宅街にあるのでこうした看板を目印に道の中に入ります。

dsc_0304_r

史跡説明の看板。尾張藩や近隣の人が毎年供養に訪れる(た)そうです。
大事にされているのですね。

dsc_0306_r

この石碑は明治時代に地元の有志によって立てられたもの。
dsc_0310_r

住宅街の中にひっそりとあるので見逃してしまいそうですが、戦を知る上では外せない場所なのではないでしょうか。

dsc_0311_r

ちなみに安昌寺はこの首塚の近くです。
小牧・長久手の合戦後、多くの藩士が訪れ、合戦にまつわる各種の書付を残したそうです。
丹羽氏次からの田畑寄進状もあるとのこと。

首塚:長久手市岩作字元門41
安昌寺:長久手市岩作字色金92番地

いかがでしたか。
実は壮絶な戦いだった小牧・長久手の戦い。
長久手古戦場の史跡は陣跡より、塚などのお墓が多いことからも、被害の大きさが物語られていますね。

豊臣秀吉と徳川家康の直接対決「小牧長久手の戦い」を紐解く記事はこちら

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

Loading

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る