武将愛 SAMURAI HEART

石田三成好きの聖地・滋賀県長浜市の「石田会館」と一族の供養塔のある「石田神社」

2016.08.10

11月30日まで開催中の「MEET三成展」の会場にもなっている、石田会館。
石田会館は、石田三成の生まれた屋敷跡に建てられた資料館です。

石田三成ファンにとっては聖地のような存在で、近隣には石田神社もあり、石田三成度の高さで有名なスポット。

じわり人気の石田三成のその他の記事はこちら

 

石田三成の頭蓋骨写真が展示されている町の資料館

019_R

町の公民館としても使われているので、あまり資料館らしくない「石田会館」。

表には石田三成の銅像があります。
021_R

石田三成の歴史についての看板や
023_R

小字名は「治部」と称し俗称「ごいで」と言われたという碑的なもの。
025_R

『関原読軍記』の碑があります。
西郷隆盛と書かれているのは、西郷隆盛がこの『関原読軍記』を読んで、石田三成は全くの悪人ではなく本物の侍だと称したというエピソードから。
石田三成が褒められたものはこうして石碑化されていきます。

無料で中に入れますが、目玉は京都の大徳寺三玄院で発掘された三成の頭蓋骨の写真が展示されていること。
撮影はNGなのでアップはできませんが、なかなかの衝撃。

そんな石田会館は狭いながらも、石田三成愛がものすごいことが特徴です。
主だって歴史的価値の高いのはありませんが、三成ヒストリー、三成関係の資料や歌などありとあらゆるものを展示しています。
特にヒストリーは町民の手作りであるところにホッコリします。

石田家一族の供養塔がある石田神社

石田会館から徒歩5分のところにある石田神社にもぜひ寄ってみてください。

003_R

関ヶ原の戦いの後、徳川方の追求を逃れるために、石田家と関係のあるお墓をわざと壊して地中に埋めたという場所があります。

010_R

この辺りで墓石などが出土されたという場所を示すものや
006_R

三成の辞世の句の石碑もあります。
008_R

石田会館や周辺のボランティアガイドさんはみんな石田三成が大好きな感じが伝わりました。
勝てば官軍負ければ賊軍ではありますが、本当の石田三成はとてもいい武将だったと語っておられました。

その結果、こうした手作りの石田会館や石田神社の整備などにも力をいれて、いい武将であったことを知ってもらおうとしている感じが伝わりました。
個人的にはゲームや小説の影響で石田三成は大人気なので、むしろもっと大手を振って「三成、いいよね」と共感を持って話しかけてくださったらもっと良かったなと思いました。

じわり人気の石田三成のその他の記事はこちら

 

 

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営と、Google Analyticsを活用したライティングを行うWebライター。現在は参加者全員が新聞紙カブトをかぶる歴史イベント「名古屋歴史ナイト」を3ヶ月に1回開催中。会の情報はこちらでも更新中。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

滋賀県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ