武将愛 SAMURAI HEART

平岩親吉のお墓も、三河一向一揆の時に家康が難を逃れた妙源寺

2019.07.15

466

家康の三大危機のひとつと言われる三河一向一揆。この時、家康方に味方したお寺でもあります。家康から「源」の一字を与えられて、妙源寺と改称した歴史あるお寺です。三河地方の真宗の道場で最も古い道場と言われていて、国・重要文化財にも指定された「妙源寺柳堂」があることでも有名です。

家康が身を寄せたお寺

妙源寺の歴史は古く、安藤氏が河内国安部野から三河国桑子に移住したとき、聖徳太子の木像を安置するためお堂を作ったことが始まりとされています。
松平氏より尊敬されていたお寺で、三河一向一揆(1563年~1564年)の際は、徳川家康が身を寄せ難を逃れました。そのことがきっかけで、家康から「源」の一字を与えられ、妙源寺と改称したとのこと。さらに慶長8年(1602年)には、徳川家康より朱印地30石を拝領し、徳川家から庇護されてきた歴史があります。

重要文化財の柳堂

国の重要文化財に指定された柳道は、太子堂とも呼ばれ、正嘉2年(1258)に建立されます。正和2年(1314)に再建され、現在は国の重要文化財となっています。

堂内には太子像を安置しています。この建物も非常に貴重なもので、入母屋造で屋根は本瓦型の板葺となっています。法寶物の展示は8月7、8日の虫干しのときに行われています。

徳川家を支えた家臣らのお墓

お寺の裏のお墓は平岩親吉、本多忠豊、高木主水といった、徳川家を支えた家臣らのお墓があります。

本多忠豊は、安祥城合戦のときに身代わりとなって戦士した本多忠勝の祖父に当たる人物です。

平岩親吉は徳川家康から信頼を得ていた家臣で、名古屋城の初代城主である義直の後見人を努めた人物。

信康に仕えていた平岩親吉は、織田信長の命で信康は命を奪われることになった際、自分の首を差し出し信長に許しを請うたことでも知られています。

また、秀吉の伏見城築城の祝いのあと、井伊直政、本多忠勝、榊原康政、平岩親吉に、祝儀として密かに黄金を百枚ずつ与えます。
その時、直政と忠勝は家康には告げず、康政は家康に相談、ただ一人親吉は黄金を受け取らず、使者に返し渡したという逸話もあります。

正直で私利私欲のない性格を非常に買っていた家康は、八男・仙千代を養子に出したといわれています。その仙千代が没したため、9男の義直の後見人となりました。

三河一向一揆で苦労していた家康、そしてそれを支えた家臣の歴史が感じられる場所。
8月7日・8日を狙えば、重要文化財の中の宝物を見ることができます。

妙源寺へのアクセス

愛知県岡崎市大和町沓市場65
JR「西岡崎駅」下車徒歩5分

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。東海三県の歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営を行うWebライター。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

織田信長の記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ