武将愛 SAMURAI HEART

この記事は2016年10月24日記事のため内容が古い可能性があります。

抹茶を飲んで一休み。-家康のいた御旗山と色金山- 小牧・長久手の戦い「長久手古戦場」

2016.10.24

dsc_0234_r

小牧長久手の戦いの長久手合戦において、勝利したのは徳川家康軍です。
その徳川家康軍はどこにいたのかというと、陣を貼った色金山と、本陣となった御旗山の2箇所があります。

それぞれは自転車で10分ほどの距離です。
その2ヶ所を巡ってみました。

豊臣秀吉と徳川家康の直接対決「小牧長久手の戦い」を紐解く記事はこちら

富士社という神社の上にある「御旗山」

御旗山は、岩崎城を落城させた森長可、池田恒興隊らを討つための進軍時の本陣となった場所です。

岩崎城の記事:岩崎城は徳川軍の丹羽氏が命をかけて戦った城

山という名前だけあって、昔も小高い山だったのではないかと思います。
こんなところに史跡が?と思うような場所なので、見逃し注意です。

dsc_0332_r

立派な鳥居の中には階段があります。
結構段数は多めです。

dsc_0333_r

振り返ると住宅街。
dsc_0335_r

とにかく頂上まで登ってください。
すると御旗山の看板があります。

dsc_0342_r

御旗山の石碑。

dsc_0343_r

ズームにしました。
実はここはこの石碑だけしかありません。
しかし、御旗山は意外と高い場所にあったということを、階段を登りきると感じられます。

dsc_0344_r

抹茶を300円でいただける「色金山」公園

家康がいた場所として有名なのは色金山のほうですね。
家康が座ったと言われる床机石があります。

dsc_0257_r

dsc_0260_r

桧ケ根の堀秀政も、色金山で徳川家康の馬印をみて退却したと言われています。
徳川本隊は約1万の兵を持っていますから、堀秀政も自分の兵力では勝てないと悟ったわけですね。

馬泉水という水のでていない噴水がありました。
史跡とは関係なさそうです。
dsc_0299_r

伴若狭守盛兼の墓碑がありました。
盛兼は信長の家臣で伊勢亀山城主でしたが、家康の伊賀越えに協力した功労者。
家康の家臣として働きますが、長久手の戦いで戦死してしまい、ここで弔われているのですね。

dsc_0288_r

dsc_0291_r

たくさんの死者を出した長久手合戦。
たった1日の戦いで多くの命が奪われました。
その首塚もありますが、ここにも慰霊碑がありました。

dsc_0294_r

dsc_0298_r

色金山は家康の本陣の史跡だけでなく、長久手合戦の犠牲者もあり、戦いの壮絶さを垣間見ることができますね。

色金山といえば展望台

そして一番の頂上にいくと展望台があります。

dsc_0282_r

階段を登ると
dsc_0279_r

広く見渡せる景色が広がっています。

dsc_0275_r

ここはご近所の方もよく来るようで、市民に愛されている場所のようです。
見晴らしのいい場所で、しかも無料なのでこれは人気が出るのもうなずけます。

オススメは下の茶室。300円でお抹茶がいただけてお得

色金山のオススメは麓にある茶室(胡牀庵)です。
なんとお菓子付きのお抹茶が300円とリーズナブルで、茶室家の見学やお庭の見学までさせていただけます。

紅葉の時期が見頃だそうです。

dsc_0237_r

こちらがお抹茶セット。お茶菓子も美味しいです。
300円というリーズナブルさも嬉しいですね。

dsc_0234_r

茶室は貸出もしているそうなので、お茶会やイベントをお考えの方、おすすめです。
お庭が見られるロケーションはかなりお得感あります。

dsc_0243_r

家康がいた場所の御旗山、色金山。
家康の座った床机石や、家臣のお墓などが見られる色金山は、お抹茶も楽しめるので一休みする時にオススメ。
御旗山は一息ついてから、階段を頑張って登るほうが楽かもしれません。

どちらも必ず訪れたい史跡ですね。

豊臣秀吉と徳川家康の直接対決「小牧長久手の戦い」を紐解く記事はこちら

御旗山へのアクセス

住所:愛知県長久手市長鍬富士浦 41
https://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/bunkazainavi/kinenbutu/siseki/kunisitei/0864.html

色金山公園へのアクセス

住所:愛知県長久手市岩作色金37-1
電話:色金山公園茶室 0561-61-3131

http://nagakute-kankou.com/rekishi/iroganeyama.html

武将カテゴリ

地域カテゴリ

北村美桂

岐阜県出身。東海三県の歴史旅ブログ「カツイエ.com」の運営を行うWebライター。

この記事へのコメントや情報提供をお待ちしています

ログイン してコメントを投稿して下さい。
ユーザー登録がお済みでない方は 登録画面 にて登録後、コメントを投稿して下さい。

愛知県の記事

人気記事

PR

武将名や合戦場所などで検索

地域カテゴリ一覧

徳川家康の記事

この記事の後によく読まれているおすすめ記事

バックナンバー記事

次の10件を見る

戦国武将の生涯をたどる
  • 信長公の生涯をたどる

    天下布武その生涯をめぐる
    <勝幡〜清洲〜岐阜〜安土>

  • 秀吉公の生涯をたどる

    日本一出世 その生涯をめぐる
    <名古屋〜長浜〜大阪〜京都>

    豊臣秀吉年表へ
  • 家康公の生涯をたどる

    天下泰平までの道のりをめぐる
    <岡崎〜浜松〜江戸〜駿府>

    徳川家康年表へ
  • 加藤清正年表へ